読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CREA MUSIC

大阪兵庫でマンツーマンボーカルレッスン/初心者向けDTM・作編曲レッスンでアーティスト活動をはじめよう/アカペラに特化したグループレッスンも!

編曲ってなんだ!?

こんにちは、crea music講師の長宗です。

突然ですが、皆さんは「コード」っていう言葉を聞いたことがあるでしょうか??

コードネーム、文字コードドレスコード…電線の事もコードっ呼んだりしますが、今日お話ししたいのはもちろん音楽に関係する「コード」について、です(笑

音楽の世界で言うコードというのは、つまり和音のこと。学校の音楽の授業でも習った、「ドミソ」とか「ドファラ」とか、あーいうやつです。

この音の組み合わせや並べ方によって、明るい響きや暗い響き、澄んだ響きや濁った響き、硬い響きや柔らかい響き…という具合に、いろんな響きを生み出すことができます。

例えばピアニストやギタリストが歌に伴奏をつける時なんかは、メロディラインを聴いて(もしくは譜面で見て)、それに合うコードを選んで演奏していくわけですね。

皆さんも試しにちょっとやってみませんか?
大丈夫。いきなり壮大なバラードの伴奏を弾きこなせ、なんて無茶は言いませんから(笑


使う曲は、「チューリップ」

…の、最初の部分。

…の、咲いた〜♪のとこだけ(笑


「なめんな」と思ったアナタ。アナタこそチューリップをなめちゃいけません。シンプルで短い曲ですが、その中に作曲メソッドがたっぷり詰まってるんです。ホントですよ!(笑

では、手元に鍵盤をご用意下さい。おもちゃのピアノでも、ミニキーボードでも、なんならスマホのアプリでも構いません。音が一度に4つ以上出ればどんなものでもOKです。

用意できたら、左手で真ん中らへんのドミソを、ジャ〜ン♪といっぺんに鳴らしてみて下さい。キレイですよね?

今度は、右手を左手の1オクターブ上に置いて、左手でさっきと同じようにドミソと鳴らしながら、同時に右手でドー、レー、ミー♪と一つずつ順番に鍵盤を弾いてみてください。

皆さんのよく知っている「チューリップ」の出だしのフレーズになったはずです。この響きが「気持ち悪くてたまらん!」という方。鍵盤のチューニングが狂っているか、もしくは大変珍しい感性をお持ちのようです。ぜひ一度ゆっくりお話ししましょう(笑

次に左手のドミソをそのまま1つ下にずらしてシレファに変え、同じことをやってみてください。(右手はドー、レー、ミー♪のまま)

今度はどうでしょう??この響きが「気持ち良くてたまらん!」という方。鍵盤のチューニングが…(以下同文)

さて、チューリップの伴奏としててこの2つのコードを試してみて、皆さんはどちらを選ぶでしょうか??シレファを選ぶという方。(以下同文) 

こんな風に、メロディとの相性や響きを考えながら伴奏をつけたり、伴奏に使う楽器を選んだりすることを「編曲」とか「アレンジ」って呼びます。つまり、今の場合だと…

伴奏に使う楽器→ピアノ(or キーボード)
1小節目のコード→C(ドミソ)

という編曲を行なったことになります。

この編曲という作業、作詞や作曲に比べるとあまり取り沙汰されない事が多いですが…

非常〜〜〜〜に、重要です!!!!

決して大袈裟ではなく、世界中の人が知っていて口ずさめる名曲中の名曲であっても、編曲のやり方一つで世紀の駄曲に変えてしまうことが十分に可能です(笑 つまり、曲を活かすも殺すも編曲次第!ということですね。

皆さんがテレビの音楽番組をご覧になる時、ボーカルが歌っているバックでどんな事が起こっているか=どんな編曲になっているか、というところにも是非耳を傾けてみてください。音楽を聴く楽しみが倍増すると思いますよo(^_^)o

長宗